コンジローマの悩みは横浜のクリニックで

自毛植毛の種類にはFUE法というものがある

日本では薄毛で悩んでいる人が多いと言われていますが、症状が起きている原因がAGAであるときには治療薬による改善方法が有効です。日本皮膚科学会が薄毛治療として効果があると認定しているものには、AGA治療薬であるプロペシアやミノキシジルを服用する方法の他に、自毛植毛というものがあります。自毛植毛は自分の毛髪を採取して、薄毛が起きている部分に移植して自然な髪の毛を手に入れる方法となります。自毛植毛の方法は手術を受けることが可能なクリニックによって、採用されている方法が異なりますので、自分にとって良い方法かどうかしっかりと判断した上で、どこのクリニックにするか決めることが大切です。

くり抜き用のパンチを使って、移植するためのドナーをくり抜いて、薄毛の部分に植え付けるFUE法というものがあります。FUE法で使用されるパンチについては、1mmほどの小ささのものを使用することが多く、毛根を採取するために医者の高い技術力が求められます。経験の浅い医者が手術を行ったときには、ドナーの切断率が高くなってしまうことから、採取しても無駄になってしまうドナー数が増えます。手作業でドナーの採取を行っているクリニックでは、広範囲で大量の移植を行うことが難しいことから、プチ植毛としてサービスを提供しているところもあります。

多くの髪の毛を増やしたいと希望している場合に、FUE法のクリニックを選択したときには、2回から3回に分けて手術を受ける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です