コンジローマの悩みは横浜のクリニックで

FUT法の自毛植毛の特徴とメリットについて

世界の植毛の分野では自毛植毛が当たり前となっていますが、日本でも手術が受けられるクリニックが増えています。自毛植毛というものは、薄毛の悩みを改善できる方法として注目されていますが、健康保険が適用されない医療分野に該当することから、自由診療によって治療を受ける必要があります。一定の高い費用がかかることが想定されますので、それぞれの手術が行われているクリニックごとにどの程度の費用がかかるのかについてや、手術方法などについて事前に確認しておくことが重要です。自毛植毛の種類としては、FUT法やFUE法、ストリップ法、i-ダイレクト法などがあります。

人間の髪の毛というものは、1つの毛根から髪の毛が1本ずつ生えているというわけではなく、複数の髪の毛が生えていることもあります。複数の髪の毛の束のことを毛包と呼びますが、毛包単位で採取して移植していく方法がFUT法となります。FUT法はアメリカで導入が行われた植毛の方法ですが、日本においては日本人の頭髪に適した方法に改良されて手術が行われています。毛髪単位のグラフトの採取を行って、薄くなっている部分に植えていきます。

FUT法の自毛植毛は自然に仕上げることができる点や、定着率を高めることができる点がメリットで、95%を超える定着率を実現しているクリニックもあります。FUT法の自毛植毛を行うためには、医者の高い技術力が必要になるわけですが、医療機器の進歩によって入院をすることなく治療を受けられるので、手術に必要な時間は5~7時間ほどとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です