コンジローマの悩みは横浜のクリニックで

自毛植毛後の頭皮ケアは丁寧に

自毛植毛後は、最低でも2週間は頭皮の衛生状態に気をつけるようにします。この時期は、移植した毛が定着するかどうかを左右する大切な時期です。このときに頭皮が不衛生だと、感染症になったり炎症を起こしてしまうことがあります。自毛植毛当日はシャンプーは禁止ですが、翌日の消毒後からはシャンプーが可能になります。

ただし、このときのシャンプーは傷口は触らず、傷口のない部分だけ洗うようにします。移植した部位は非常にデリケートなので、勢いを弱めたシャワーか、もしくはコップに汲み置きしたお湯を少しずつかけながら洗うようにします。擦らず、水で軽く流すくらいに止めましょう。また、お湯の温度は少しぬるいと思えるくらいの温度にしましょう。

40℃以上だと患部に刺激を与えすぎてしまう可能性があるので、38℃前後のお湯に調整するようにします。患部以外は、薄めた低刺激シャンプーを使って軽く洗っても良いです。患部に誤ってかけてしまわないように、丁寧に洗うようにします。きちんと衛生管理できていれば、自毛植毛の定着率を下げる心配はありません。

自毛植毛の効果がわかるようになるには半年はかかるので、それまでは成功したか失敗したか不安になるかもしれませんが、丁寧なケアを心がけるようにしましょう。自毛植毛後には消毒以外は再受診する必要はありませんが、念のために半年後にもう一度手術を受けたクリニックで状態をみてもらうのがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です