コンジローマの悩みは横浜のクリニックで

自毛植毛で質の良い髪の毛を再生させる

自毛植毛を行うとなぜ薄毛を治療することが可能になるのでしょうか。一般的に、植毛という手術は髪の毛の一時的な増毛を期待して行われるものであると認識されていることが多いです。実際に、人工毛によるかつらの装着などは良い例で、髪の毛を移植しなくても代わりとなる髪の毛を利用することは一時的な増毛手段として重宝することができるので、自毛植毛に関してもそのように捉える人は少なくありません。しかし、自毛植毛の場合には移植した髪の毛がたとえ手術の後で抜け落ちたとしてもそれによって髪の毛の増毛が終わってしまうわけではないという利点があります。

なぜそのような利点が存在するのかというと、一度植毛をすると移植された頭皮の下から新しい産毛が生えてくるようになるからです。自毛植毛は男性型脱毛症という脱毛症状に対する画期的な治療方法として行われているのですが、ドナーとして採取する髪の毛は自身の後頭部に存在する髪の毛であることが大半です。なぜこの部分からドナーを採取するのかというと、この部分の髪の毛が男性型脱毛症の脱毛症状に対して非常に強い免疫力をもっているからです。男性型脱毛症に対して効果の高い髪の毛を移植すると、移植された頭皮の部分はこの強い髪の毛を基準とした成長を始めるようになりますので、頭皮の下から非常に質の良い髪の毛が生えてきます。

移植した髪の毛が頭皮の活発化を促し、一生髪の毛が成長する環境を作ってくれるようになるわけです。亀頭増大のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です