コンジローマの悩みは横浜のクリニックで

自毛植毛の流れについて

最近では自毛植毛といって、自分の健康な髪の毛を皮膚ごと採取して、髪の毛が薄くなっている箇所に移植するという方法が確立されるようになりました。しかし、この技術は、まだ登場してからそれほど間もない技術でもありますから、人によっては、内容がよくわからないという人もいるかもしれません。そこで、自毛植毛の流れとしては、まずは専門のクリニックを探して、専門医のカウンセリングを受けることになります。このカウンセリングで、問診票を記入して、患者の悩みをカウンセリングしていきます。

また、頭皮や毛髪の状態を診察して、最適な移植に必要な髪の毛の本数などを計算したり、仕上がりがどのようになるのかということをシミュレーションします。次に、植毛施術をしていきます。自毛植毛の場合は、主に後頭部にある健康な髪の毛が薄くなっている部分に移植します。後頭部から採取した毛髪は、頭頂部にある髪の毛のように薄毛になりにくいといわれているので、一度移植が成功すれば、半永久的に生え変わるようになります。

また、男性ホルモンの影響を受けることもないので、薬などを服用する必要もありません。最後に、メンテナンスについてですが、自毛植毛の場合は、一度施術をすれば、それ以降は特別なメンテナンスは必要はありません。定期的に専門のクリニックに通院する必要もありませんし、普通にシャンプーをすることによって、清潔に保つということ以外は特にメンテナンスを気にする必要もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です