コンジローマの悩みは横浜のクリニックで

自毛植毛の手術後の状態について

自毛植毛とは、後頭部や側頭部にある健康な髪の毛を頭頂部や額の生え際の毛髪が薄い部分に移植する技術です。移植した髪の毛は、何度も生え変わるようになるため、人工の毛髪のように、定期的にメンテナンスを施す必要がありません。しかし、自毛植毛の場合は、手術を行うことになるので、術後の状態がどのような状態になるのかということを手術を受ける前にある程度理解しておくことが大事になってきます。まず、手術後の移植した毛の状態としては、崔志保の数週間で5ミリから6ミリ程度伸びますが、1か月くらい経過すると、一度抜け落ちます。

しかし、2か月くらい経過すると徐々に産毛として生えてきて、半年くらい経過すると目で見ることができるくらいの黒くて太い髪の毛に成長してきます。どのような状態で髪の毛が生えてくるかどうかは、個人差がありますが、自毛植毛の成功率は90パーセント異常を誇っているので、安心してじっくりと毛髪が生えてくるまで待つということが大事になってきます。手術後の洗髪に関しては、通常は手術の次の日の夜あたりであれば、洗髪が可能です。しかし、手術後の洗髪に関しては、移植した毛髪が定着するまで4日から5日かかるので、あまりこすらないように洗髪するということが重要になってきます。

シャンプーをする場合は、シャンプーをお湯で薄めて、かるくかけ流して挙げるくらいがよいと考えられます。中には、シャンプーはしない方がよいのではないかと思う人もいるかもしれませんが、感染予防のためにもシャンプーはする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です