コンジローマの悩みは横浜のクリニックで

今、薄毛で悩んでおられる方に自毛植毛!

今の時代、薄毛で悩んでおられる方も少なくないはずです。そんな方に朗報です。【植毛】という言葉を知っておられますか?【植毛】には【自毛植毛】と【人工植毛】があります。今、どちらが注目されているのでしょうか?それは【自毛植毛】の方なのです。

この植毛の一般的なやり方としては、後頭部や側頭部に残っている髪の毛(自毛)を採取し、薄くなっている部分に植えるのです。これは、【男性型脱毛症診療ガイドライン】でも推奨されている治療方法です。人工植毛も確かに頭髪の量は、増えるのですがさまざまな問題を抱えているようです。このことから主だって推奨されることはなく施術される医療機関も少なくなってきています。

植毛からおこる拒絶反応を考えた場合も自毛植毛であれば、なんの問題もおこりません。人工の場合には、拒絶反応の上に頭皮の炎症が報告されています。自毛植毛した髪の毛も一度は抜け落ち、再度生えてきます。再び生え揃うまでには半年以上はかかるようです。

しかし生え揃えば、周囲の毛と同様に違和感もありませんし目立たなくなります。人工の場合には、抜け落ちることはありませんので、植毛当日から生え揃った感じがえられるでしょう。しかし、その反面持続性に欠け、傷みやすく切れやすいなどの報告もされています。その部分だけは伸びることはありませんので、不自然な感じに見えることでしょう。

男性型脱毛症や頭部の火傷、怪我などで脱毛されているような状態の方に人工植毛よりも自毛植毛をおすすめします。品川で包茎手術のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です