コンジローマの悩みは横浜のクリニックで

薄毛に悩んでいる人に自毛植毛のメリットを説明します

近年では、薄毛の悩みは熟年層だけのものではなく、比較的若い世代にも増えています。特に、思春期以降に抜け毛が始まり、髪の生え際や頭頂部が薄くなる男性型脱毛(AGA)に悩んで、市販の治療薬を購入された方も多いのではないでしょうか。手頃な価格の治療薬で長期間使用すれば購入金額が嵩みます。また、治療効果を実感できないという方にお勧めなのが自毛植毛です。

これは、自分の髪の毛を薄くなっている部分に植毛するものです。成功すれば、植毛した後には自分の髪の毛が自然に発毛してくるようになります。髪の毛が薄くなっている生え際や頭頂部は、頭皮にある男性ホルモンの1種である5αリダクターゼという酵素の影響で髪の毛が成長しにくい状態となっています。後頭部は5αリダクターゼ酵素の影響を受けることが少ないので、後頭部の髪の毛を薄くなっている部分に移植して自然に発毛させます。

自毛植毛の手術は、以前は頭皮にメスを入れて行う手術が主流でしたが、傷口が残ってしまうことがデメリットでした。現在のメスを使わずに行う手術では傷口も残る事もなく、大量の髪の毛の植毛を行うことが出来ます。自毛植毛した髪の毛が定着すればメンテナンスが不要ですし、自分の髪の毛なので自然な仕上がりになります。ナイロン等でできている人工毛を植毛した場合は拒絶反応が出るリスクがあります。

しかし、自毛植毛は自分の髪の毛なので拒絶反応が少なく、体への負担も少ないというメリットがあります。自毛植毛を行う場合には、医師とよくカウンセリングを行って手術を受けるようにしましょう。亀頭増大のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です